スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カビ・酵母
2007.04.24(Tue)
・アスペルギルス(コウジカビ)
 味噌・醤油・酒・鰹節の製造に用いる。
鰹節は、生利節→若節→荒節(鬼節)→裸節
カビ付けする 上枯節(青枯節)→本枯節 と名称が変わります。

・アルテルナリア(ススカビ)
 植物に寄生し病気を引き起こす。
色は白、黒、茶褐色。プラスチックを好む。

・カンジダ
 酵母。皮膚の常在菌。女性や、赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の原因。
ステロイドを塗ると悪化するので注意が必要。

・クラドスポリウム(クロカビ)※コウジカビがクロカビと呼ばれる事もある。
 黒色、もしくは深緑色のカビ。浴室内やクロスなどによく見られる。
空気中に飛散するカビの胞子で最も数の多いのがこれだともいわれる。

・ペニシリウム(アオカビ・白カビ)
 パンやお餅によく生えるカビ。ゴルゴンゾーラやロックフォールなどのブルーチーズ、
カマンベール、ブリーなど軟質チーズの製造に用いる。

・ムコール (ケカビ)
 果物などにつくふわふわした白っぽいカビ。成長が早い。
家具などでもよくみられる。

・ヘルミントスポリウム
 穀物や牧草の寄生カビ。イネ科の植物や、芝生に発生する。

・ピティロスポリウム(マラセチア)
 皮膚の常在菌。脂質を好む。背中のニキビが実はこれが原因の皮膚炎な事があるらしい。

・トリコフィトン(白癬菌)
 言わずと知れた水虫菌です。

・黄色ブドウ球菌エンテロトキシンAとB(腸管毒)
 食中毒で耳にする黄色ブドウ球菌が産出するタンパク毒素。
耐熱性で通常の加熱でも破壊されない。
A~Eがあるが大抵はA。
対策は、すばやい調理と手指消毒。
毒素を産出する前の加熱、
化膿している怪我がある人物に調理をさせない。
スポンサーサイト
マルチアレルゲン
2007.04.24(Tue)
何種類かのアレルゲンを分類別に混ぜてる。

イネ科(花粉)
ハルガヤ、ギョウギシバ、カモガヤ、オオアワガエリ、アシ

雑草(花粉)
ブタクサ、ヨモギ、フランスギク、タンポポ(属)、アキノキリンソウ

動物上皮
ネコ(フケ)、イヌ(フケ)、モルモット上皮、ラット、マウス

カビ
ペニシリウム、クラドスポリウム、アスペルギルス、カンジダ、アルテルナリア、ヘルミントスポリウム

食物
卵白、牛乳、小麦、ピーナッツ、大豆

穀物
米、小麦、トウモロコシ、ゴマ、ソバ

具体的な見た目や、特徴は参天製薬さんのサイトが確認しやすいです。
食用植物系統樹 -裸子・双子葉植物
2006.07.01(Sat)

裸子植物─イチョウ
      └松

双子葉植物─アボカド
      └ジュンサイ・ハス
      └アケビ
      └ドクダミ
      └ケシ
      └マタタビ・キウイ・茶
      └オクラ・ドリアン
      └アブラナ・ブロッコリー・カリフラワー・白菜・キャベツ・小松菜・チンゲンサイ・コールラビ・大根・カブ・ ワサビ
      └パパイヤ
      └南瓜・ズッキーニ・キュウリ・かんぴょう・冬瓜・メロン・マクワウリ・西瓜
      └柿
      └スグリ
      └イチゴ・桃・梨・りんご・桜・ビワ
      └大豆・小豆・そら豆・エンドウ・インゲン・キャロブ・ガルバンゾ・南京豆・葛
      └グミ
      └ザクロ
      └ヒシ
      └山椒・ミカン・レモン・キンカン・ネーブル・オレンジ・グレープフルーツ
      └メープル
      └タピオカ
      └たらの木・ウド・せり・セロリ・三つ葉・パセリ・人参
      └いちじく・桑
      └クルミ
      └くり
      └キノア・アマランサス・ツルナ・ふだんそう・ほうれん草・ビート・ヤマゴボウ
      └蕎麦
      └オリーブ
      └さつま芋
      └唐辛子・シシトウ・茄子・ピーマン・トマト・クコ・ジャガイモ
      └ゴマ
      └シソ・ハッカ
      └コーヒー
      └フキ・アーティチョーク・ヨメナ・ヨモギ・レタス・サラダ菜・春菊・ゴボウ・菊芋


 

同グループ内にある動植物は性質が似ている。

参照図書:別冊・主婦と生活 「アレルギーっ子の料理」

注:上記の本は残念ながら既に絶版となっています。 しかしながら、レシピ数が多いのと、参考資料が充実している為、 図書館などで探す価値はあると思います。 (わたしも図書館で借りたのですが、返却しなくてはならないため、 自分用の資料として、アップ致しました。)
食用植物系統樹 -植物等(除去の目安に
2006.07.01(Sat)

細菌類─枯草菌(ナットウ)
    └乳酸菌(ヨーグルト)

ラン藻─スイゼンジノリ

褐藻─コンブ・アラメ・ワカメ・モズク・ヒジキ
      
緑藻─アオノリ
      
子のう菌類─コウジカビ・アオカビ
       └酵母菌

担子菌類─マツタケ・ナメコ・シイタケ・シメジ・エノキダケ・ヒラタケ・フクロダケ
      └キクラゲ

シダ類─ワラビ
    └ゼンマイ
    └ツクシ

同グループ内にある動植物は性質が似ている。

参照図書:別冊・主婦と生活 「アレルギーっ子の料理」

食用動物系統樹 -動物(除去の目安に
2006.07.01(Sat)

両生類─カエル

爬虫類─ヘビ・スッポン
     
鳥類─スズメ
   └ハト
   └キジ・鶏・七面鳥・ホロホロチョウ
   └ガン・鴨・アヒル
      
哺乳類─羊・牛・鹿・山羊
    └イノシシ・豚
    └馬
    └クジラ
    └ウサギ
    └カンガルー
     

同グループ内にある動植物は性質が似ている。

参照図書:別冊・主婦と生活 「アレルギーっ子の料理」

食用動物系統樹 -シーフード(除去の目安に
2006.07.01(Sat)

腔腸動物─クラゲ

軟体動物─イカ・タコ
      └ミルガイ
      └アサリ・ハマグリ・シジミ・トリガイ
      └マガキ・ホタテガイ
      └ムールガイ
      └アカガイ
      └カタツムリ
      └ツブガイ・バイ
      └タニシ
      └アワビ・トコブシ・サザエ

棘皮動物─ナマコ
      └ウニ

原索動物─ホヤ

節足動物─アミ
      └車エビ・桜エビ
      └伊勢エビ・タラバガニ・ズワイガニ・サワガニ・ザリガニ

円口類─ヤツメウナギ

軟骨魚類─エイ
      └サメ

硬骨魚類─カワハギ・フグ
      └カレイ・平目
      └ホウボウ・メバル・アイナメ
      └スズキ・シイラ・アジ・ハゼ・カツオ・ブリ・マグロ・鯛・サバ・カマス
      └キンメダイ
      └サヨリ・サンマ
      └タラ・メルルーサ
      └アンコウ
      └ウナギ・穴子
      └鯉・ドジョウ・ナマズ・フナ
      └ニシン・イワシ・マス・鮭・鮎・ワカサギ・シシャモ・白魚
      └チョウザメ

同グループ内にある動植物は性質が似ている。

参照図書:別冊・主婦と生活 「アレルギーっ子の料理」

食用植物系統樹 -単子葉植物 (除去の目安に
2006.07.01(Sat)

単子葉植物─クワイ
      └パイナップル
      └バナナ
      └ミョウガ・ショウガ
      └アスパラガス・ねぎ・玉ねぎ・にんにく・ニラ・片くり・ユリ
      └サトイモ・やまといも・こんにゃく
      └ヤマノイモ
      └ココナッツ
      └稲・ヒエ・小麦・アワ・キビ・大麦・ライ麦・オート麦・スペルト小麦・とうもろこし・筍・砂糖きび
      

同グループ内にある動植物は性質が似ている。

参照図書:別冊・主婦と生活 「アレルギーっ子の料理」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。